お札

デイサービス開業資金の見積額と内訳

デイサービスを開業するには
いったいどのくらい資金が必要なのでしょうか?

ここでは開業といっても
店舗資金だけではなく
運転資金も含めてご紹介します。

まず、先に結論からお伝えしますと
1,500万円です。

その内訳を以下に記載します。

開業資金

物件取得費 200万円

  • 不動産手数料
  • 敷金
  • 礼金

など、物件取得にかかわる費用です。

内装費 300万円

申請に必要な部屋を作り
エアコン・トイレ・洗面台などの設備の費用です。

この内装費は
物件によってかなり差が出てくるものです。

基本的に内装費が高くなる要因は
物件が広い、消防設備がない
スケルトンであることです。

物件取得の前に
必ず内装の見積もりをとって
値段を把握しておくことが重要です。

車両費 70万円※

中古の車1台分です。

良い車が見つかれば
最初から2台以上準備してもいいですが

それほど使う頻度がないと思いますので
開業時は1台で良いです。

介護がよく用いるハイエースではなくて
セレナ・ノアなどの7~8人乗りの
車が一番効率的です。

備品 80万円

ここに含まれるのは

  • 椅子
  • パソコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫

など
運営に必要な費用です。

人材採用費 30万円

まずは無料の媒体に出すのが第一ですが
反応がなければWEBや紙面で
求人広告を出す必要があるためその費用です。

広告費 30万円

ホームページ・パンフレット・印刷の費用です。

ホームページは必須ではありません。

リハビリ機器 リース(550万円)

リハビリ機器(マシン)の費用です。

リハビリ機器にもグレードがあるので
それにより変化しますが、ここでは
グレードが低い方で費用を算出しています。

運転資金

開業後、半年間で
黒字化を目指していく
という前提での費用ですが800万円です。

開業の1ヵ月前から採用しないといけませんので
それも含む人件費・固定費・変動の合計です。

合計での開業資金は?

開業資金、運転資金を
合計すると1,510万円です。

ただ、この計画では
あくまでスムーズに運営できた場合の費用です。

  • もし、事故があったら?
  • なかなかお客さんが集まらなかったら?
  • スタッフがやめてしまったら?

など経営には予定外のことは付き物です。

そう考えると2000万円程
準備してもらえれば予定外のことが起きても
対応できると思うので安心です。

  • 行動はポジティブに
  • 計画はネガティブに

これが開業時の基本スタンスだと思っています。

関連記事一覧

  1. 円陣のアヒル
  2. 重ねた壱萬円札
  3. 握手
  4. キケン
  5. 地下支配人
  6. 書類

公式メールマガジン

PAGE TOP