立ち入り禁止

デイサービス経営「総量規制とは?」

デイサービス開業を検討されている方でしたら
一度は耳にしたことがあると思います。

「総量規制」

では、いったい
いつから・どのような影響があるか
見ていきたいと思います。

総量規制っていつから??

2016年4月からです。

2016年4月に
地域密着型通所介護がスタートします。

今までは指定申請は
都道府県に行って行っていました。

しかし、2016年4月以降は
市町村に指定申請をお願いしに行くことになります。

つまり、市町村で指定を
許可するかどうかの判断ができるようになります。

その市町村で小規模の事業所が多いと判断すれば
公募などの制度がとられます。

そうなるとこのようなことが起きます。

2016年度は5事業所しか
開業を認めません&公募期間は4~6月です。

2016年3月までは
指定されたものを満たせば開業できましたが
4月以降は公募などの制限も入ってきます。

すると、新規参入業者は入りにくくなる。

既存業者は利益を確保できる
といった状態になります。

そのため、開業を検討されているなら
2016年3月までをおすすめします。

どのような影響があるのか??

上記で記載したように
開業しにくいというのはご説明したと思います。

無事、開業できても様々な影響が出てきます。

一番の影響は、開業した市町村の方しか
利用できなくなる、ということです。

それまでは、事業所がA市にあっても
B市、C市のお客さんを獲得することができました。

しかし、この地域密着型通所介護は
A市で開業すれば、A市のお客さんしか
獲得することができません。

集客を考える上で
かなりのデメリットになります。

では、そうすればいいのか?

ポイントは定員人数です。

定員が18名以下の場合は地域密着型通所介護
19名以上は通常規模~大規模となります。

通常規模以上は今までとほとんど変わりません。

そのため、早めに開業をして2016年4月までに
定員を19名以上にできるように集客していく!

これがベストな選択です。

これを実現するノウハウは
たくさん持っていますので
ぜひ、ご相談ください。

関連記事一覧

  1. 輝くクリスマスツリーの飾り
  2. キケン
  3. 経理
  4. 広大な土地
  5. 『正解!』丸を作る男性

公式メールマガジン

PAGE TOP