縁側

デイサービス開業「開業資金を大幅に抑える方法」

デイサービスを開業する際に
一番の問題はやはり開業資金です。

開業コストを少しでも抑えたい
というのがホンネです。

コストカットできるところ
できないところに分かれます。

今回はどのような部分がコストカットできるのか?

ということをご紹介いたします。

中古をうまくつかいましょう!

開業時にコストが多くかかる部分としては

  • 物件取得
  • 内装
  • リハビリ機器

の3点です。

物件取得や内装については
不動産屋さん、大家さん、業者との交渉で
というのはイメージできると思います。

なので、今回は「リハビリ機器」の
コストカットについてお伝えします。

介護FCの説明会で聞く方法は2つです。

  • リース
  • 買い取り

マシンにもよりますが
1台80万程度のものが多いです。

それを6台入れるとなると
それだけで540万円かかります。

そのため、ほとんどの場合は
リースという選択をしています。

ここでちょっと待った!

もうひとつ選択肢があります。

「中古」です。

私たちの経験ですが
1店舗目は「中古」という選択肢があるというのが
知らなかったので、買い取りにしました。

4台購入したので、400万円程度です。

2店舗目は中古で6台購入しました。
150万円でした。

しかも、台数が多くなっただけではなく
マシングレードが良いものでした。

1台あたり25万円です。

仮に6台でリースを組むと
月に9万台くらいです。

そう考えると
いかに中古が魅力的なものかがわかります。

ここで、心配になるのが

「故障はしないの?」

ということです。

結論から言うと、全く問題ありません。
2店舗目で購入したマシンはこれまで4年程度使っていますが
故障したことは1度もありません。

参考までに、マシンの中古サイトをお伝えします。

ザオバ
http://hc-zaoba.jp/

エフジェイ・フィールド
http://www.fjfield.com/index.html

上手く中古を使って、コストカットし
早期の黒字化を実現していきましょう!

関連記事一覧

  1. あなたのセンス
  2. 書類
  3. メモ
  4. 輝くクリスマスツリーの飾り
  5. シンガポールのお金

公式メールマガジン

PAGE TOP