ジャンプ

デイサービス経営「稼働率UPの鍵は振替にある」

デイサービスにおける稼働率は
大切な数値です。

稼働率を上げることを徹底していけば
おのずと売上もUPします。

稼働率の合格ラインは85%だと思っています。

いくら定員いっぱいに利用者さんがいても
稼働率100%は机上の空論です。

必ずお休みが出ます。

基本的には何も対策をしない場合は
欠席率は20%程度になります。

つまり、あと5%向上させる施策が
必要になっています。

振替をつかう

例えば、月・金のAMで利用してくれている方が
月曜休みと連絡があったとします。

そのまま

「はい、わかりました!」

と答えれば売上ゼロです。

でもここで

「火曜PMと水曜AMなら
 空きがあるので、来てください!」

と答えOKなら売上UP、NGなら売上ゼロです。

ここで、肝心なのが
断られてもゼロということです。

つまり振替を提案しない理由が
存在しないのです。

もし、10%の方が振替してくれたら

定員20名の21営業日
40人×21日×20%=168(月間の、のべ欠席人数)
10%振替OKで
168×10%≒17人

単価5,000円で
17×5,000=8,5000円
年間で102万円です。

ここでは10%と
少なめに見積もっていますので

ただ、声かけをすることで
これだけの売り上げUPにつながります。

送迎ルートを工夫して
ぜひ、振替をうまく利用して
稼働率UPにつなげてください。

関連記事一覧

  1. 計画
  2. 『正解!』丸を作る男性
  3. Lサイズの洋服
  4. 空から陽気なカリビアンが降ってきた
  5. 考える
  6. 確定申告

公式メールマガジン

PAGE TOP