キケン

デイサービス開業「フランチャイズには絶対に加盟するな!」

世の中には
フランチャイズというシステムがあります。

コンビニや飲食店が有名ですが
介護業界にもフランチャイズがあります。

フランチャイズにも
メリットとデメリットがあると思いますが

介護業界においては
全くメリットがありません!

5年程前に開業するなら
フランチャイズでもよかったと思います。

それほど競合がなく
ケアマネさんに営業していれば
月に10名くらいに契約できていました。

しかし、残念ながら
その時代は終わりました。

介護フランチャイズ本部の集客方法は
ケアマネへの営業のみです。

計画通りにお客さんが集まらないと、

「私たち本部の言う通りにやらないからだ!」

という言い訳をします。

もちろん、アドバイスしたことを
やっていないのは問題です。

でも、アドバイスがダメだった場合に
違う方法を考えなければいけません。

この次のステップができている
フランチャイズ本部はほとんどありません。

ここで、ちょっと立ち止まってもらうと

「フランチャイズに加盟する必要があるのか?」

と疑問が沸いてきます。

デイサービスは
ブランドで集客できる業種ではありません。

上記のように
サポートもあまり期待できません。

本部の成功ノウハウは昔のものです。

これはフランチャイズの仕組みにも
問題があります。

本部にとっては
開業してくれれば
そこでビジネスは完結します。

月々ロイヤリティーが入り
売上のパーセンテージの本部も
マイナスにはなりませんし
定額制の本部はなおさら完結します。

そのため、一番選択してはいけないのは
定額制の本部です。

また、オーナーにも
フランチャイズはあまりいいものではなく
多くの人が

「楽して稼げる」

と思っています。

そのため、安易に参入して

  • お客さんが増えない
  • 本部の責任にする
  • 孤立する

こういう悪循環になってしまいます。

介護デイサービスのフランチャイズで
加盟して得られるものは
なんとなくの安心感だけです。

それでも、介護フランチャイズを
選択する方は止めはしません。

メリット・デメリット・リスクを
把握して加盟するのは個人の自由です。

でも、この事実を知らないで
フランチャイズに加盟してしまうと
大変なことになってしまう可能性があります。

決して安くはないお金を
投資する訳ですから

目の前の情報だけではなく
深い情報も入ってくるように
アンテナを張っておいてください。

関連記事一覧

  1. お願い
  2. 書類
  3. 川
  4. キケン
  5. 太鼓
  6. お札

公式メールマガジン

PAGE TOP