子供ワンポイントアドバイス!

デイサービスの経営「契約率が低い施設がやっている3つの共通点とは?」

あなたの施設の契約率はどのくらいですか?

基本的は流れとしては

  1. ケアマネさんからの問い合わせ
  2. 体験
  3. 契約

というものだと思います。

デイサービス契約率は
平均値データで公表されているわけではありませんが

私の経験や感覚的には
少なくとも平均契約率は80%以上はあると思います。

ケアマネさんからの紹介なので
かなり強い見込み客です。

また、デイサービスは
値段が同じなので交渉することもなく

単純に気にいったかどうかの
判断基準になると思います。

しかし、契約率が少ない
デイサービスがあるもの事実です。

今回は契約率が低いデイサービスが
やってしまっている(やっていない)ことを
ご紹介します。

デイサービス体験時に伝えるべき3つのこと

まず体験時に伝えるべきことが3つあります。

1.あなたは誰ですか?

○○デイサービスの○○です。

これだけで
自分の紹介を終わっていませんか?

人は共通点を見つけたり
強い思いに惹かれます。

何も共感できない人から

「うちのデイサービスいいですよ!
どうですか?」

と言われても
困ってしまいますよね。

何に興味があって
どんな思いで運営していて
どんなスタッフがいて

など、もっとあなたのことを
伝えてあげて下さい。

こちらから情報を開示しなければ
相手の要望など聞くことは難しいです。

2.あなたのデイサービスに通うと、どんなメリットがありますか?

これも、キチンと伝えていますか?

リハビリ型デイサービスなら

「この運動をすれば
日常生活動作が改善されますよ!」

だけで終わっていないでしょうか?

知らず知らずのうちに
専門用語を使ってないですか?

数字ではなく
動画なので成果を見せていますか?

また、メリットだけでなく
ベネフィットも伝えてますか?

キチンとわかりやすく
イメージできるように伝えてください。

3.あなたのデイサービスじゃないといけない理由は何ですか?

つまり『差別化』できていますか?
と言うことです。

パワリハやっています!
PT・OTいます!
毎月地域に出かけています!
作りたての食事を提供しています!

どれも、競合が多い今では
差別化とは言えないですね。

以上、この3つを伝えることができれば
契約率は必ず向上します。

次回の体験時に
ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事一覧

  1. シンガポールのお金
  2. ジャンプ
  3. 資料提出
  4. カラオケ
  5. 計画
  6. グラフ

公式メールマガジン

PAGE TOP