黒板

デイサービス開業「物件を選ぶ際に気をつけるべき3つのポイント」

どのくらいの広さがあればいいのか?

物件を選んだらいいのか?

など、わからないことが多いと思います。

今回は、これからデイサービスを開業する方のために
おすすめの物件のポイントをお伝えします。

デイサービスの物件の広さは100㎡以上~

まず、これからデイサービスを開業するには
定員を19名以上にしないと経営は難しくなってきます。

そのため、定員を19名と考えた場合
最低でも物件の広さは100㎡以上必要です。

なぜ、19名以上の定員にしないといけないのかというと
2016年の4月より、新しく地域密着型通所介護という
制度が始まるからです。

この制度の一番の経営的な問題は
施設がある、市や区のお客さんしか
獲得できないということです。

なので、商圏に隣の市が入っていると
その商圏を失うことになります。

ちなみにこの制度を逆手に取ると
市の中心付近で商圏がその市だけという場所に関しては
特に影響はないので15名定員でも問題ありません。

必要は部屋は何がある?

デイサービスを開業するには
4つの部屋が必要です。(リハビリ型の場合)

機能訓練室

お客さんが運動する場所です。
一人当たり3㎡の広さが必要です。
(定員10名の場合は30㎡以上)

事務室

広さの指定はなく、2人分くらいが作業できて
書庫と複合機がおけるスペースがあればよいです。

相談室

ケアマネさん、お客さん
ご家族などと話す場です。

広さの指定はなく
4人が話せるスペースがあれば問題ありません。

静養室

お客さんが気分が悪くなったときなどに使用します。
ベッドがあり、スタッフが介助できるスペースがあればよいです。

その他の物件を選ぶ時のポイント

  • 物件は1F
  • 駐車場が近くにある
  • 検査済証、検査済証があること
  • 消防設備があること
  • スケルトンでななく、壁や天井の基礎ああること
  • 家賃は30万円以下であること

以上のポイントを確認していい物件を見つけください。

関連記事一覧

  1. 成立
  2. 羅針盤
  3. 市街地
  4. トイレ

公式メールマガジン

PAGE TOP