市街地

デイサービス開業でUR物件を選択する場合のメリットとデメリット

デイサービス開業において
物件取得費・固定費は重要な選定ポイントです。

そこで、今回は
UR物件のメリットとデメリットをご紹介します。

ます、URとは?

大都市や地方中心都市における
市街地の整備改善や賃貸住宅の供給支援

UR賃貸住宅(旧公団住宅)の
管理を主な目的とした国土交通省所管の
中期目標管理法人である独立行政法人である。

※ウィキペディアより抜粋

メリットとは?

UR物件の最大のメリットは
コストを抑えられることです。

チャレンジ制度などで
家賃が6カ月~9カ月フリーレントがついていたり
坪単価も相場と比べれば比較的安いところが多いです。

また、デイサービスのような地域ビジネスにおいては
団地の中になるので、コミュニティーを形成しやすく
また職員の採用もできる可能性があります。

デメリットは?

まずは、取得までに時間がかかります。

通常の不動産屋が仲介の場合は
個人でマンション等を借りるのと
ほぼ同様なので、それほど時間はかかりません。

ですが、URの場合は
資産や事業計画等の書類の提出が必要で
審査機関も1ヵ月程度かかります。

その後、内装屋が準備する書類もあるので
通常の不動産屋より1~2カ月取得に時間がかかります。

また、交渉は基本的にできません。

一般オーナーさんの場合は
人によってはかなり譲歩してくれる方もいますが
URはそうもいきません。

また、建てられた時期が古いので
用途変更で面倒な場合になることがあります。

まとめ

しっかりと下調べができるのであれば
URはかなり魅力的です。

家賃が30万だとして
それが9カ月フリーレントであれば
270万のコストダウンなので、魅力的です。

ただし、反面時間もかかるので
そのあたりのコストと建てられた時期が古いと
内装費もかかってしまう恐れがあるので
調査を万全にして契約することをおすすめします。

関連記事一覧

  1. 子供ワンポイントアドバイス!
  2. 円陣のアヒル
  3. 資料提出
  4. 握手
  5. グラフ
  6. お札

公式メールマガジン

PAGE TOP