必勝

デイサービス経営を始めるなら開業支援が良いとされる理由!フランチャイズの落とし穴とは?

ビジネスプランが優秀で
社会貢献もできるビジネス
それがデイサービス経営です。

介護業界、デイサービス業界へ参入する方法は
以下の3つが考えられます。

フランチャイズに加盟

一番多い、参入方法が
フランチャイズ加盟です。

介護業界だけでなく
他業界でも異業種から参入する場合は
この方法がよく用いられます。

フランチャイズのメリット

  • ノウハウが提供される
  • 安心感がある

フランチャイズのデメリット

  • かなり高額な加盟金等が必要
  • ロイヤリティを払い続けなければならない

フランチャイズのメリットはほとんどない!?

フランチャイズに加盟するメリットとして

『ブランド』『ノウハウ』『サポート』

の3つがメインです。

ですが、介護業界においては
フランチャイズにメリットは
ほとんどありません。

まず、ブランドでは
お客さんを呼ぶことはでません。

どんな有名なブランドでも
まったくゼロからのスタートです。

サポートはデイサービスを1年経営していれば
ほとんど不要になります。

実際に1年以上、デイサービスを運営していれば
サポートはほとんど必要なく運営できます。

必要なサポートは
市場調査・マーケティング・集客に
集約されます。

そのため、フランチャイズに加盟する際は
このポイントを必ず聞いてください。

「経営が慣れてきたら(開業1年以上経過したら)
どのようなサポートをしてくれるのか?」

この回答が納得するものでしたら
フランチャイズを加盟検討してもよいと思います。

要は高い加盟金や永遠に続くロイヤリティを
何のために支払うのかが明確であればよいです。

独自で開業する

まったくどこにも頼らず、開業する方法もあります。
すべてを自分で調べて開業~運営をしていきます。

独自で開業するメリット

  • 少ない資金で開業できる。
  • ロイヤリティがない。

独自で開業するデメリット

  • 知識がノウハウがないので、リスクが高い。
  • 集客に時間がかかる可能性が高い。

資金面ではメリットがあるが、その分リスクが高い

間違いなく資金面では一番やすく
デイサービスを開業することができます。

ですが、全く知識がないところからの
スタートはかなり労力がかかり

かつ、小難しい介護保険法の文章を
解読しなけばいけません。

もし、解釈を間違ってしまうと、
開業できない、運営違反をしているという
事態になってしまう可能性があるので注意が必要です。

開業支援で開業する

デイサービスを経営・開業する上で
開業支援(コンサルタント)という方法があります。
上記2つのいいところ取りのようなシステムです。

開業支援のメリット

  • 指導やサポートが欲しい時期だけ受けられる
  • 自分の想いが入った施設名で開業できる

開業支援のデメリット

  • 会社によってコンサル料にかなりバラつきがある。
  • オーナーの力量が結果を大きく左右する。

開業支援は上記のいいとこ取り!!

開業支援は成功ノウハウも手に入れることができ、
デイサービス経営で一番不安な時に
サポートをしてくれるシステムです。

フランチャイズは本部のブランドを広めている要因です。

2店舗目を出しても、費用がかかります。

開業支援なら2店舗はご自身で開業することができます。

経営に成功すれば、コンサルタントに道も広がります。

以上のことから、デイサービス経営・開業は
開業支援をオススメします。

関連記事一覧

  1. 重ねた壱萬円札
  2. 書類
  3. 輝くクリスマスツリーの飾り
  4. 市街地
  5. 立ち入り禁止

公式メールマガジン

PAGE TOP