踏み込む

デイサービス経営「営業時の質問で○○をするだけで結果が大きく変わる方法とは?」

定期的にケアマネさんに
営業に行っていると思いますが

みなさんはどんな話し方をしているでしょうか?

「こんにちは、この前お送りした資料見てくれましたか?」

「忙しくて、まだ見てないのよ」

「じゃあ、また時間があるときに見てくださいね。」

このような話し方になっていませんか?

せっかく訪問しているのに
これではもったいないですね。

今回はどのような話し方がいいのかをご紹介します。

いろいろなパターンはありますが
今回は資料を事前に送っていて
それを基にデイサービスをアピールするというケースでお伝えします。

資料を見てくれていた場合

「こんにちは
この前、お送りした資料見てくれましたか?」

「見たよ、リハビリの結果が書いてあったやつでしょう」

「そうです、ありがとうございます。
どうですか?運動したい方いらっしゃいませんか?」

「今はいないね、また紹介するね」

・・・・・

ここで

「わかりました!じゃあ、また来ますね」

などで終わらない!
もう一歩踏み込みしましょう!

「今はいないね、また紹介するね」

「分かりました。ありがとうございます。
ちなみに資料で気になったキーワードや
見にくいような箇所はありませんでしたか?」

「そうねー。文字が多かったから全部読むのがしんどかったわ」

資料を見てくれていない場合

「こんにちは
この前、お送りした資料見てくれましたか?」

「忙しくて、まだ見てないのよ」

・・・・・

「じゃあ、また時間があるときに見てくださいね。」

などで終わらない!
もう一歩踏み込みましょう!

「忙しくて、まだ見てないのよ」

「そうなんですね
何か見れない理由とかあったりするんですか?」

「水曜日はいつもずっと利用者さんの訪問をしてるから
なかなか時間がなくてね」

この差、どう感じますか?

ご覧いただいて、どうですか?

一歩踏み込んだ時とそうではないときの
差を感じていただけましたか?

見てくれてた場合なら、画像を入れたり
文字を大きくしたり、キーワードを強調すれば
伝わりやすくなることが想像できます。

見てくれていない場合なら
送付する曜日を変えれば
見てくれる確率が上がることが予想ですね。

この情報の積み重ねが、かなり大きな差を生み出します。

ここで、さらに踏み込みましょう!

見てくれてた場合の時は
次回資料を変更して営業しに行った時に

「この前、アドバイスいただいた点を
修正してみました、どうですか?」

見てくれていない場合は

「○○さんに見てもらうために
送る日を変えてみました。見てくれましたか?」

このような対応をされればうれしいですよね。

だから、あなたを贔屓にしてくれます。

利用者さんを紹介してくれます。

安定した経営ができます。

踏み込んでいない場合は、ぜひもう一歩踏み込んでみてください。

関連記事一覧

  1. 会話
  2. 拡張期
  3. 電話応対
  4. れんこん
  5. 受注獲得
  6. 計画

公式メールマガジン

PAGE TOP